妊娠線を根こそぎ排除する方法がココにあり

クリーム

予防のためのケア

妊娠線は、妊娠週数に比例して増えていきます。そのため多くの女性が、妊娠線予防クリームの使用を早めに開始しています。妊娠線予防クリームは、ヒアルロン酸やセラミドといった低刺激な保湿成分で作られているので、安全に使用できます。ただし、強く塗るとかえって刺激になるので、優しく塗ることが大事です。

ママになってもキレイな肌

お腹

妊娠して嬉しいけど、気になる「妊娠線」。妊娠線は、妊娠による急激な体型変化やホルモンバランスの変化で、真皮に亀裂が入ることでできる赤紫の筋です。網目状に広がる人もいれば、お腹の真ん中に1本線が入るような人もいます。また、お腹だけでなく、二の腕やバスト、太ももなど至る所にできる人もいます。妊娠線は約7割の人ができてしまうと言われています。しかも、多少薄くなることもありますが、完全に消えることはないようです。「ママになった証」と言ってしまえばそれまでですが、なるべくは残したくないものですよね。妊娠線はケアをして防ぐことや、抑えることができます。ケア用のクリームやオイルでの保湿はとても効果的です。入浴後に、お腹はもちろん、全身を優しくなでるようにたっぷり塗っていきましょう。あまり強くマッサージをすると、お腹の赤ちゃんへの悪影響になりかねないので、あくまで優しく塗っていくことが重要です。妊娠5ヶ月くらいから始める人が多いようですが、お腹が大きくなる前の妊娠初期の頃からやっておくと、より効果的でしょう。特に乾燥肌の人は、妊娠線ができやすいようですので、注意しましょう。毎日続けても、妊娠線ができてしまう人もいます。大事なのは、「妊娠線ができても続けること」です。諦めずに根気強く続けましょう。クリームやオイルは、様々なタイプのものがありますので、自分の肌や価格など、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

お腹

安心して使えるかチェック

保湿ケアをすることで妊娠線の予防になります。クリームで保湿を行うのが効果的です。クリームを購入する際は、保湿成分の含有量やクリームの伸びの良さ、そして安全性が保たれているかチェックします。妊娠線専用クリームは、これらの条件をクリアしているので安心して使えるでしょう。

化粧品

出産後の肌のために

妊娠線予防には肌に充分な水分と油分を与えることが重要です。妊娠線予防のためのクリーム、オイル、ローションがあります。それぞれ魅力的な特徴があるので、使用者個人に適した使い方をすることが妊娠線予防になります。